妊娠中なのに更年期ってどういうこと!? 21世紀の妊婦事情

妊娠中なのに更年期ってどういうこと!?

私は妊娠前に契約したエステのポイントを、出産前に使ってしまいたくて、妊娠7か月のときにエステに行きました。その日は、特に体調が悪いという自覚はなく、エステに行く前にいろいろな店に寄り道して、買い物を少し楽しんでからお店に行きました。

エステについたときは、ちょっと貧血かなと思いましたが、もともと貧血にはなりやすいタイプでしたので、「妊娠したせいで、ちょっと歩いただけで貧血になっちゃたのかな」というくらいで全く気にしていませんでした。すぐエステのベッドに横になるから、ちょうどよかったくらいに思っていました。

しかし、ガウンに着替えて、エステのベッドに横になっても、頭がクラクラしてめまいのようなものがしました。さらに、顔に当てられているスチームがいつもよりとても強いように感じて、汗がダラダラ出てきてしまいました。

貧血なだけだから、横になればすぐ治るはずと思い、それでも我慢していたのですが、とうとう横になっているのも苦しくなってしまいました。

妊娠7か月で、大きくなったお腹を仰向けにして寝るのが苦しかったのです。身体を横にしていれば、少し落ち着くのですが、このまま仰向けのままエステを受けられるとは到底思えなかったので、その日はエステを受けずに帰ってきました。

翌日、ちょうど検診の日だったので、そのことを医師に話すと「ああ、更年期だね」と、特に興味もなさそうに、さらっと言われました。驚いたのは私の方です。「こ、更年期ですか!?」と聞き返すと、「妊娠中は更年期と同じなんだよ。生理ないでしょ」と言われて、驚くと同時に妙に納得してしまいました。

妊娠中は更年期と同じで、自律神経のバランスを崩しやすいので、貧血になったり、めまいがしたり、汗が止まらなくなったりするのだそうです。そんなことは考えたこともなかったので、とても驚きました。